マンションでも太陽光発電が増えています

東京中心部や大阪市・名古屋市などの大都市の場合、戸建て住宅よりもマンションなどの集合住宅が多くあります。
戸建ての住宅であれば屋根の上に太陽電池を設置するのは簡単な事ですけど、マンションなどの集合住宅の場合でも、条件をクリアできれば設置する事は可能です。
マンションの規約で制限されていなければ、自宅のベランダ等に太陽電池パネルを設置する事は簡単にできますけど、発電量はパネルの面積に比例しますから多くを期待できません。
環境意識が高まっていますから、太陽光発電に関心がある人が多ければ、マンションの屋上や屋根の上に設置する方法があります。
マンションすべての世帯で負担する方法もありますし、関心がある人だけで出資して設置する場合や、マンション管理組合が窓口になった設置する事もあります。
全員で設置費用を負担した場合や管理組合で設置する場合は、発電した電気で共用部分の電気代を賄えますし、売電する事で共益費や修繕積立金に充当する事もできます。
共用部分のエスカレーターが地震や災害時に停電した場合でも、昼間であれば太陽光発電によって動作可能になりますし、共用通路の非常灯照明なども使用可能になります。
発電量によっては、家電品も使用できますから、テレビ・ラジオなどで災害情報を収集する際に役に立つものです。
最近は戸建て分譲住宅や新築マンションにも太陽電池をセットした物件もありますから、電気代が節約できて人気が高まっています。