東海地方の中心都市でもある名古屋市で太陽光発電の導入について

東海地方での中心都市と言えば、名古屋市であります。
名古屋市は、東京、大阪に次ぐ人口が多い街の一つです。
そして、その地方においては多くの商業ビルや工場、住宅が密集して賑わいを見せています。
名古屋市においても商業ビルの屋上や住宅においても太陽光発電設備を導入することは、普及しつつあるのが現状です。
その理由としては、名古屋市を中心とした東海圏は太陽光発電を推進するための技術がある企業が多く存在すること、国内の太陽光発電のメーカーの工場が東海圏に集中している事情があるからです。
日本で言えば地理的にど真ん中の地方でもあり、東西の拠点都市の機能としても役割が見られます。
また大阪や東京と比較しても、郊外にある家の広さが比較的に広いといった点があることも太陽光発電が普及しやすい点ともなっています。
なお名古屋市での太陽光発電の導入には、補助金の制度も確立していますので、補助金申請を行えば補助金を受けることが出来るのです。
ただ現在は平成24年度の申請は終了してしまって、来年の平成25年度の補助金制度の受付開始まで待つ必要があります。
平成24年度が4月20日より受付を開始したこともありますので、平成25年度の補助金に付いても恐らくは4月中には受付が開始されるはずです。
なお平成24年度は応募件数が2,200件までとなっておりましたが、平成25年度も同規模の件数の設定となりそうです。
ちなみに平成24年度は11月12日に募集が終了してしまった現状もありますので、なるべく早く補助金申請を申し込む必要があります。
詳細は名古屋市のホームページに逐一記載されておりますのでそれを参考にすると良いでしょう。